浮気 社会的制裁

浮気の社会的制裁でダメージが大きい方法と注意点

はじめに

男性

パートナーに浮気をされた時に、ショックを受けて沈み込む人がいれば怒りを抑えられない人もいるでしょう。

 

信頼していた相手に裏切られる形になりますので、
「どうにかして制裁を加えたい!」と考える気持ちはわかります。

 

このページでは、浮気の社会的制裁でダメージが大きい方法と、
制裁を与えるに当たって押さえておきたい注意点についてまとめてみました。

 

 

浮気の社会的制裁の方法

「信頼していたパートナーに浮気されても平気」という人はほとんどいません。

 

浮気をしたパートナーとその相手に対して、社会的制裁を加えたいと考えるのは不思議なことではないですよ。

 

どうすれば不倫している二人に社会的制裁を与えられるのか、ダメージが大きい方法をいくつか紹介していきます。

 

慰謝料を請求する

浮気しているパートナーと浮気相手への社会的制裁の中でも、慰謝料の請求は代表的な方法です。

 

どちらかと言うと、経済的制裁と説明する方が良いかもしれません。

 

今の日本の法律では、浮気や不倫の制裁として刑罰を科すことができないと定められています。

 

残念ながら浮気相手に前科をつけることはできませんが、配偶者の不倫によって不貞行為をすると慰謝料の請求が可能です。

 

不倫された時にどの程度の慰謝料を請求できるのか、状況別の相場を見ていきましょう。

 

・パートナーの不倫が発覚しても結婚生活を続けていく場合は50万円〜100万円
・パートナーの不倫が原因で別居に至ったケースでは100万円〜200万円
・パートナーの不倫が原因で離婚に至ったケースでは200万円〜500万円

 

「傷ついた心に対しての賠償金を支払ってね」という意味合いで、慰謝料を請求できるのは浮気された側の当然の権利ですね。

 

しかし、「不倫をされた後にどうなったのか」「相手の収入や資産はどのくらいか」といった要素で
慰謝料を請求できる金額は変わりますので、詳細は専門家に相談してみてください。

 

※浮気相手に請求できる慰謝料の相場については、こちらのページでも解説しています。

 

強制的に別れさせる

浮気をされたのにも関わらず、二人が今後も幸せな関係を続けるのは絶対に許せません。

 

そのため、浮気相手に社会的制裁を加えたいのであれば、強制的に別れさせましょう。

 

浮気相手に慰謝料を請求する際には、接近や接触の禁止の約束も同時に取り付けておくべきです。

 

これは職場が同じなどの致し方ない状況を除き、不倫していた2人の関係を完全に終わらせることができます。

 

ただし、「もう絶対に会うなよ」と口約束しても意味がありませんので、
メールや面会、手紙といった手段を用いて接触や接近を禁止してください。

 

示談書や和解書といった書面で約束を交わしていれば、後々にトラブルになる心配はありません。

 

不倫相手の家族にバラす

「慰謝料の請求や別れさせるだけでは我慢ならない」という方は、不倫相手の家族に事実をバラすのは社会的制裁の方法の一つです。

 

もし、不倫している相手が既婚者であればその夫や妻に、独身であれば両親に自分のパートナーと不倫していた事実を暴露します。

 

例えば、既婚者の不倫相手のパートナーに事実を伝えれば、「相手方は知らなかった」⇒
「怒りを覚えて離婚を切り出す」⇒「更に慰謝料を請求する」という社会的制裁を与えられるわけです。

 

浮気相手を更に苦しめることができますので、家に押し掛けたり電話したりといった方法でバラしてみてはいかがでしょうか。

 

社会的制裁を与える注意点

浮気や不倫がどうしても許せないのであれば、社会的制裁を相手に与えるべきです。

 

しかし、いくら許せないからと言っても、社会的制裁のやり方によっては、
名誉棄損として訴えられるリスクがありますので注意しないといけません。

 

例えば、不倫の事実をTwitterやFacebookなどのSNSで拡散する方法はNGです。

 

それが紛れもない事実だとしても、民事上の損害賠償責任や刑事上の名誉毀損罪が発生する恐れがあります。

 

また、浮気や不倫の証拠が不十分なのに怒鳴り散らして社会的制裁を加えた場合は、
何もしていなかった時に問い詰められることがありますので気を付けましょう。

 

自分一人の力で浮気や不倫の証拠を集めるのは意外とハードルが高いため、
原一探偵事務所のような探偵事務所への相談がおすすめです。

 

プロの探偵事務所に依頼すれば、写真や音声データを中心にパートナーが浮気している確かな証拠を集めてくれます。

 

浮気の証拠集めの詳しい方法はこちらのページをチェックしてください。

 

浮気や不倫の悩みは、一人で抱え込まずに探偵事務所に相談しましょう。

 

最後のまとめ

パートナーに浮気されて許せないと感じた時は、浮気相手に社会的制裁を加えるべきです。

 

不倫は一度あれは二度あると考えられていますので、「慰謝料を請求する」「強制的に別れさせる」
「不倫相手の家族にバラす」などの社会的制裁を与えましょう。

 

しかし、SNSで不倫の事実を拡散したり勤務先の全ての同僚に広く知らせたりすると、名誉毀損罪が成立する可能性があります。

 

合法的な方法で社会的制裁を加えるのが一番ですので、どうすれば良いのかわからない人は
原一探偵事務所に在籍している専門家に相談してみてください。

TOPへ