不倫相手 訴える

不倫相手を訴える方法※慰謝料を請求できる場合とできない場合

はじめに

男性

パートナーに不倫をされて、「訴えたい」「何か罰を与えたい」と考える方は多いのではないでしょうか。

 

自分のパートナーに対してもそうですが、不倫相手にも同じように怒りを覚えるのは決して不思議ではありません。

 

このページでは、不倫相手を訴えることができるのか説明していますので、是非一度参考にしてみてください。

 

 

不倫相手を訴える方法

信頼していたパートナーが不倫した時に、不倫相手まで訴えることができるのか難しいところですよね。

 

相手に怒りを覚えて、「不倫相手に裁判を起こして慰謝料を請求したい」「訴訟してでも罰を与えたい」と考える方はいます。

 

結論から言うと、夫婦の権利を一緒になって侵害したとして、パートナー(夫や妻)と不倫相手の両方を訴えることが可能です。

 

浮気や不倫は法律上で不貞行為と呼び、パートナーと不倫相手の共同不法行為になります。

 

共同不法行為をした二人は法的責任を負う形になりますので、慰謝料を支払う義務があるわけです。

 

不倫相手だけを訴えて慰謝料を請求するに当たり、次の3つの方法があります。

 

内容証明

内容証明を送付して慰謝料を請求する方法で、相手にプレッシャーを与えられる

 

直接交渉

直接的に相手と交渉する方法で、慰謝料の請求に加えて示談条件を柔軟に設定できる

 

慰謝料請求訴訟

訴訟を申し立てて慰謝料を支払わせる(決定した判決には法的な強制力がある)

 

不倫されて夫婦の権利を侵害されたからといって、不倫相手に刑罰を科すことはできません。

 

しかし、不倫相手を訴えることで、慰謝料を請求できるのは不倫された側に与えられた権利です。

 

浮気や不倫の慰謝料は状況によって変わってきますが、一般的に50万円〜300万円が目安になります。

 

こちらのページでも浮気相手に請求できる慰謝料の相場について説明していますので、一度ご覧になってください。

 

慰謝料を請求できる場合とできない場合

配偶者が浮気や不倫をしているからといって、必ず慰謝料を請求できるわけではありません。

 

不倫相手を訴えて慰謝料を請求するには、「相手に故意や過失がある」
「不貞行為であなたが権利の侵害を受けた」
という2つの条件を満たす必要があります。

 

以下では、不倫相手を訴えて慰謝料を請求できる場合とできない場合についてまとめてみました。

 

慰謝料請求が認められるケース
  • 不倫相手が既婚者と知りながら肉体関係を持った
  • 既婚者と気付く状況でありながら把握せずに浮気や不倫を続けた
  • 不倫相手の不貞行為で円満だった夫婦関係が悪化して別居や離婚に至った
  • 配偶者と不倫相手に肉体関係はなかったが、夫婦関係が破綻するほどの親密な交際を続けていた

 

慰謝料請求が認められないケース
  • 注意していても不倫相手が既婚者だと知らなかった
  • 不貞行為(配偶者以外の異性との性交渉)を証明できない
  • 強姦や脅迫など浮気相手の自由意思で肉体関係を持っていなかった
  • 夫婦の仲が既に悪くて共同生活が破綻していた
  • 不貞行為の事実や不倫相手を知った時点から3年を過ぎた(時効が成立している)

 

慰謝料の金額も状況によって変化しますので、不倫相手を訴えようと考えているのであればまずは専門家に相談するべきです。

 

不倫相手を訴える流れ

「相手を絶対に訴えたい」「相手を法廷で打ち負かしたい」と不倫をされたあなたは考えると思います。

 

しかし、現実的に難しいケースもありますので、いきなり裁判を起こすのは得策ではありません。

 

では一体何をすれば良いのか、不倫相手を訴えるまでの大まかな流れを見ていきましょう。

 

  1. しっかりとパートナーと浮気相手の不倫の事実を証明する証拠を手に入れる
  2. 慰謝料を請求するための示談交渉を始める
  3. 素直に慰謝料の請求に応じない時は不倫相手に慰謝料請求の調停を申し立てる
  4. それでも折り合いがつかない時は訴訟を提起する

 

不倫していることが紛れもない事実でも、その確たる証拠がなければ訴えることはできません。

 

浮気や不倫の証拠を自分で集めるのはかなりハードルが高いため、専門の探偵事務所への依頼をおすすめします。

 

例えば、浮気専門の原一探偵事務所に依頼すれば、裁判で慰謝料を請求できる証拠をしっかりと集めてくれますよ。

 

その後に示談交渉や慰謝料請求の調停の申し立てを行う場合は、弁護士事務所に相談した方が良いでしょう。

 

自分一人の力で不倫相手を訴えることはできませんので、探偵事務所や弁護士事務所の力を借りてみてください。

 

最後のまとめ

以上のように、不倫相手に対して訴えることができるのかできないのかおわかり頂けたのではないでしょうか。

 

不倫相手が既婚者と知りながら自分のパートナーと肉体関係を持っていたり、
夫婦円満な生活が崩れたりといったケースでは不倫相手を訴えて慰謝料を請求できます

 

しかし、「不倫された=絶対に慰謝料を請求できる」と決まっているわけではありません。

 

それに加えて不倫相手を訴えるには探偵事務所や弁護士事務所の力が必要ですので、
まずは専門家に相談することから始めてみてください。

 

おすすめは24時間365日無料相談OK、全国各地に拠点ある原一探偵事務所です。

TOPへ