浮気相手の慰謝料の相場

浮気相手に請求できる慰謝料の相場と請求できる相手

男性

パートナーの浮気が発覚し、「絶対に許せないから、浮気相手にも慰謝料を請求したい」と考えていませんか?

 

浮気の証拠の有無や離婚をする・しないなど、様々な要因によって請求できる慰謝料は変わります

 

慰謝料の金額を決める明確な基準はありませんが、
浮気相手にどのくらいの費用を請求できるのか相場を見ていきましょう。

 

 

浮気の慰謝料を請求できる相手

離婚の慰謝料とは、結婚中に配偶者やその相手から受けた肉体的・精神的な苦痛をお金で解決することを指します。

 

そして、パートナーの浮気が発覚して、あなたが大きなダメージを受けた場合も慰謝料を請求できるのです。

 

以下では、浮気の慰謝料を請求できる相手についてまとめました。

 

  • 浮気をしたパートナー(夫または妻)
  • 浮気相手(共同不法行為者)
  • パートナーと浮気相手の両方

 

日本の法律では、夫婦が結婚をすると貞操義務(配偶者以外の相手と肉体関係を持たない義務)を負います。

 

浮気は貞操義務に違反した行為と見なされますので、パートナーと浮気相手の両方に慰謝料を請求できる仕組みです。

 

浮気相手に請求できる慰謝料の相場

パートナーが浮気をしていたことが分かったら、その浮気相手にも憤りを感じますよね。

 

あなたが肉体的・精神的苦痛を味わったのであれば、その程度に合わせて浮気相手にも慰謝料を請求できます。

 

状況や要因で変わるので一概には断言できないものの、浮気相手に請求できる慰謝料の相場は50万円〜300万円です。

 

あくまでもこれは相場ですので、夫婦の抱えている問題によっては、
慰謝料の請求が50万円以下になったり、300万円を超えたりと変動します。

 

パートナーや浮気相手に慰謝料を請求するのは、不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められていますが、
「○○○では△△万円」という明確な基準はありません。

 

個々のケースバイケースで決まることが一般的ですので、慰謝料の請求金額にはかなりの幅やバラつきがあります。

 

慰謝料が高額になりやすいケース

「自分は浮気でかなり苦しめられた」という場合でも、状況によってはそこまで大きな金額の慰謝料を請求できないことがあります。

 

様々な状況や要因を掛け合わせて慰謝料は決まりますので、これに至っては仕方がありません。

 

そこで、どのような時に慰謝料が高額になりやすいのかを下記にまとめてみました。

 

  • パートナーが浮気していた期間が長い
  • 頻繁に自分のパートナーと接触していた
  • 探偵事務所に依頼して、浮気の確かな証拠を掴んでいる
  • パートナーが結婚していることを知りながら意図的に浮気をしていた
  • 浮気相手の支払い能力が高い
  • 証拠があるのにも関わらず真摯な謝罪を怠った

 

上記のように、浮気の期間や証拠などの要因が積み重なり、浮気相手から500万円〜1,000万円の慰謝料を請求できた例もあります。

 

状況別にみる慰謝料の相場

上記では、浮気相手に請求できる慰謝料の相場が50万円〜300万円くらいだと説明しました。

 

しかし、肉体的苦痛や精神的苦痛で大きく左右しますので、状況別にみる慰謝料の相場を下記にまとめました。

 

パートナーの浮気が発覚しても結婚生活を続けている

慰謝料の相場は50万円〜100万円

 

パートナーの浮気が原因で別居に至った

慰謝料の相場は100万円〜200万円

 

パートナーの浮気が原因で離婚に至った

慰謝料の相場は200万円〜500万円

 

「夫婦関係を継続するのか?」「別居に至るのか?」「離婚をするのか?」といった要因で、慰謝料の相場が大きく変わります。

 

浮気による被害が大きければ大きいほど、高額な慰謝料をパートナーや浮気相手に請求できます。

 

慰謝料を請求できないケース

パートナーの浮気が発覚したからといって、確実に浮気相手から慰謝料を請求できるわけではありません。

 

以下では、慰謝料を浮気相手に請求できないケースをまとめました。

 

  • 浮気相手が自分のパートナーを既婚者だと知らなかった(請求が認められても大幅に減額される)
  • 浮気の慰謝料を請求できる権利の時効を迎えている(不倫を知ってから3年以上が経過している)
  • 自分のパートナーが浮気相手の意思を無視して肉体関係を結んだ

 

浮気相手との不倫の証拠がない場合においても、慰謝料を請求できません。

 

なお、自分の力で浮気の証拠を集めるのは難しいので、原一探偵事務所のような浮気調査専門の探偵事務所に依頼しましょう。

 

最後のまとめ

以上、浮気や不倫で発生する慰謝料の相場についてまとめました。

 

パートナーの浮気が発覚した場合は、夫(妻)と浮気相手の両方に慰謝料を請求できます。

 

慰謝料の相場は50万円〜300万円ですが、法律で明確な基準が決まっているわけではないので、
「結婚生活が続いている」「別居した」「離婚した」などの状況で変動します。

 

素人では慰謝料を正しく判断することは難しいので、パートナーの浮気を疑っている方は探偵事務所に相談してみてください。

 

おすすめはテレビでおなじみの原一探偵事務所で、証拠能力の高い写真や動画を撮る技術に定評があります。

TOPへ