夫の浮気の証拠がない

夫の浮気の証拠がないと慰謝料を請求できない?

女性

「夫が浮気している証拠はない」「だけど、最近行動が怪しい…」と疑っていませんか?

 

一度浮気を疑いだすと、些細な部分まで怪しいと感じてしまいますが、
自分で浮気の証拠を見つけるのは意外と難しいものです。

 

こちらでは、夫の浮気の証拠がないと慰謝料を請求できないのか、証拠がない時はどうするかをまとめました。

 

 

夫の浮気の証拠がないと慰謝料を請求できない?

家の中でもスマホを常に持ち歩いていたり、仕事から帰る時間が遅くなったりと、夫の行動が怪しいと感じたら浮気のサインです。

 

必ずしも浮気や不倫だと断定することはできませんが、他の女性と何かしらの関係を持っている可能性はありますよね。

 

夫の浮気の証拠がない場合、果たして慰謝料を請求できるのか気になるところではないでしょうか?

 

もしあなたがパートナーの不貞行為を確信していても、夫や浮気相手が不倫をしていないと主張して事実を認めないことがあります。

 

別居や離婚になって慰謝料を請求するにあたっては、二人の間に不貞行為があった事実を証明しないといけません。

 

つまり、証拠がないと慰謝料の請求に根拠がないと見なされるため、裁判や調停で敗訴になりやすいのです。

 

「やっていない」「そんな事実はない」と言い逃れされないためにも、
慰謝料の請求を考えている方は夫の浮気の証拠を集めることから始めましょう。

 

浮気の証拠がなくても慰謝料を請求できるケース

基本的に夫と浮気相手の間に不貞行為の証拠がないと、慰謝料の請求はできません

 

しかし、浮気の証拠がなくてもパートナーから慰謝料を請求できた事例はいくつかあります。

 

以下では、夫の浮気の証拠がない時にどうやって慰謝料を請求するのかまとめました。

 

  • 夫に自白させて浮気を認めれば、裁判を通すことなく慰謝料を請求できる
  • 弁護士に相談して法的な責任を追及することを伝えて、夫に浮気の事実を謝罪させ、慰謝料の支払いに応じさせる

 

浮気や不倫の慰謝料は、裁判でなければ請求できないわけではありません。

 

お互いの話し合いで支払う旨と金額についての交渉ができますので、明確な証拠がなくても慰謝料を請求できるのです。

 

例えば、浮気が疑われる日の行動を朝起きた時から夜の寝る時まで列挙してもらい、
夫が説明できなくて浮気を認めれば謝罪する可能性は十分にあるわけです。

 

ただし、夫を自白させて慰謝料を請求する方法は、「警戒して慎重に浮気をするようになる」⇒
「以前よりも証拠を集めにくくなる」
といったデメリットがありますので注意してください。

 

夫の浮気の証拠がない段階でやるべきこと

浮気の証拠がないまま夫を問い詰めて、離婚することになったけど慰謝料を請求できなかったという事例はあります。

 

パートナーと浮気相手の二人が悪いにも関わらず、自分だけが苦しい思いをするのは嫌ですよね。

 

そこで、夫の浮気の証拠がない段階で何をするべきなのかを下記にまとめました。

 

浮気しているのか大まかにチェックする

まずは夫の行動や言動に注意して、浮気しているのかを大まかにチェックしましょう。

 

下記に、夫が浮気をしているかどうかを判断するチェックリストを挙げてみました。

 

  • スマホにロックをかけるようになった
  • いつ何時でもスマホを持ち歩いている
  • 誰かから電話がかかってきてもその場で取らない
  • 自分のパソコンに触れさせないようにする
  • 休日に外出することが多くなった
  • ファッションに興味を持つようになった
  • 仕事から帰る時間が遅くなった
  • 夫婦の営みを求めてこなくなった

 

リストに当てはまる数が多いほど、浮気や不倫の可能性があると考えましょう。

 

不貞行為の証拠を集める

夫の浮気が疑われる時は、不貞行為の証拠となり得るものを集めましょう。

 

具体的に何がパートナーと浮気相手の不貞行為になるのかを、下記にまとめました。

 

  • 肉体関係を持ったことがわかる写真や動画
  • 浮気を認める書面や録音データ
  • ラブホテルの利用がわかるクレジットカード使用履歴
  • ラブホテルでの滞在がわかるGPSの移動記録
  • 交際していることがわかるメールやLINEのメッセージ
  • 浮気がわかる日記や手帳の内容

 

しかし、これらの浮気の証拠を全て自分で集めるのは困難です。

 

時間と労力の両方がかかりますので、浮気の証拠を集めるなら探偵事務所に依頼しましょう

 

原一探偵事務所が作成する浮気調査報告書は、裁判で慰謝料を請求する際に役立つと評判です。

 

最後のまとめ

夫の浮気の証拠がないと不貞行為の事実が不明ですので、基本的に慰謝料を請求できません。

 

自白させたり弁護士に依頼したりして、証拠がなくても慰謝料を請求できた事例はありますが、
パートナーと浮気相手が支払いに応じないことがあります。

 

そのような時は夫の行動をチェックし、浮気が疑われる日に探偵に調査してもらいましょう。

 

原一探偵事務所では、慰謝料を請求する際に役立つ浮気の証拠を多く集めてくれます。

TOPへ