不倫相手の慰謝料の相場

不倫相手からもらえる慰謝料の相場と請求方法

男性

パートナーの浮気が発覚し、「不倫相手にどのくらいの慰謝料を請求できるの?」と疑問に思いますよね。

 

必ずしも慰謝料を請求できるわけではないのですが、大まかな相場はあります。

 

このページでは、不倫相手からもらえる慰謝料の相場と請求する方法をまとめましたので、
パートナーの浮気で悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてください。

 

 

不倫の慰謝料を請求できる相手

日本の法律では結婚すると、配偶者以外の異性と肉体関係を持たない貞操義務を負います。

 

つまり、夫や妻が不倫をすると貞操義務に違反した行為と見なされるので、不倫をされた側は慰謝料の請求が可能です。

 

不倫は当然のように一人ではできませんので、次の二人に慰謝料を請求できます。

 

  • 不倫をしたパートナー(夫や妻)
  • 不倫相手

 

不倫相手の男性や女性も共同不法行為者ですので、不倫で受けたダメージの損害賠償の責任を負うべきなのです。

 

不倫相手からもらえる慰謝料の相場

パートナーが不倫していることがわかり、その相手からどのくらいの慰謝料をもらえるのか気になりますよね。

 

結論から言うと、不倫の慰謝料の相場は50万円〜300万円です。

 

しかし、慰謝料については明確な基準が設けられているわけではありません。

 

「別居も離婚もしない」「別居になったが離婚はしない」「離婚することになった」といった状況で慰謝料の金額は変動します。

 

以下では、不倫のケース別における慰謝料の相場をまとめました。

 

  • 不倫が発覚しても結婚生活は続けていく場合は50万円〜100万円
  • 不倫が原因で別居することになった場合は100万円〜200万円
  • 不倫が原因で離婚することになった場合は200万円〜500万円

 

離婚することになった場合は不倫された側の精神的苦痛が大きいと判断されますので、慰謝料の相場も高くなります。

 

とは言え、この金額はあくまでも相場ですので、現実的には被害者と加害者が話し合って支払い額を決める形になります。

 

あまりにも慰謝料が低いと損をしてしまいますが、逆に高すぎると不倫相手が支払う意思をなくしてしまうので注意しましょう。

 

不倫相手からもらえる慰謝料が減額する理由

不倫相手からもらえる慰謝料は、相場よりも安くなるケースがあります。

 

「不倫相手から200万円くらいの慰謝料をもらえると聞いたけど、実際は50万円だった…」という事例は少なくありません。

 

なぜ、不倫相手からもらえる慰謝料が安くなってしまうのか、考えられる理由を下記にまとめました。

 

  • 不倫の期間が短くて肉体関係の回数も少ない(不倫は1回でもあれば成立するが、請求できる慰謝料は少ない)
  • 不倫相手の社会的地位が低い(年収が少ない)
  • 夫婦関係破綻について不貞行為以外の原因がある
  • 不倫されたが結果的に夫婦関係が修復した
  • 夫婦間に子供がいない(子供がいるとダメージが大きいと見なされる)
  • 不倫相手が事実上の社会的制裁を受けた(勤務内の不倫の発覚で地方に飛ばされたなど)

 

実際の裁判での主張の組み立てや立証のやり方で慰謝料は変わりますが、必ずしも高額を請求できるわけではないです。

 

不倫相手への慰謝料の請求方法

  1. 書面に浮気や不倫の証拠や根拠を記載して、慰謝料を請求する
  2. 請求した事実を証明できるように内容証明郵便を送る
  3. それでも相手が拒否した場合は慰謝料請求の調停を申し立てる
  4. 両者で折り合いがつかない時は訴訟を提起する

 

不倫相手には慰謝料だけではなく、謝罪や交渉解消も請求できます。

 

しかし、自分一人の力で慰謝料を請求するのは困難ですので、専門家に相談するのが一般的です。

 

まずは不倫の事実や証拠を集める必要がありますので、原一探偵事務所のような浮気調査専門のプロに依頼しましょう。

 

自分で何とかしようとするとパートナーにバレたり、確実な証拠を掴めなかったりといった危険があります。

 

その点、探偵事務所であれば誰にもバレずに不倫の証拠を集めてくれます

 

その不倫の証拠は慰謝料の請求に役立ちますので、一人で悩まずにまずは相談してみてください。

 

最後のまとめ

以上のように、不倫相手からもらえる慰謝料の相場と請求方法についておわかり頂けましたか?

 

不倫における慰謝料の相場は50万円〜300万円ですが、「結婚生活を継続する」「別居」「離婚」などの状況で変化します。

 

不倫された側の精神的苦痛が大きければ大きいほど、不倫相手に請求できる慰謝料の金額も増える仕組みですね。

 

「夫や妻の不倫に耐えられない」「できるだけ多くの慰謝料を取りたい」という方は、
原一探偵事務所のような専門家に相談することから始めましょう。

TOPへ