自己破産

自己破産の特徴とメリット・デメリット

はじめに

男性

借金が膨れ上がって、返済するのが難しいと悩んでいる方はいませんか?

 

「もう、どうしようもない」と諦めている人は多いのですが、
原則的に全ての借金を支払う義務がなくなる、自己破産と呼ばれる法的な手続きができます。

 

自己破産がどのような人に向いているのか、メリットとデメリットが何なのか詳しく見ていきましょう。

 

借金の無料診断サービスはこちら

 

 

自己破産が向いている人の特徴

借金を抱えている方の中でも、下記に該当するケースでは債務整理の中でも自己破産が向いています。

 

  • 収入に対してあまりにも借金が多く、頑張っても返済することができない
  • 住宅や自動車などの財産を持っていない(自己破産では全ての資産が競売にかけられる)
  • 消費者金融やクレジット会社からの借り入れだけで借金が増えている
  • 公認会計士や弁護士、証券会社の外交員生命保険の職員など特定の職業に就いていない
  • 連帯保証人が付いていない(自己破産は連帯保証人への影響を考える必要がある)

 

「借金がある人全てに自己破産が向いている」というわけではありません。

 

他の債務整理が合っていることもありますので、自己破産は借金返済の最終手段だと考えるべきですね。

 

自己破産のメリット

自己破産をすることで、どのようなメリットがあるのかを説明します。

 

全ての債務の支払いが免除される

自己破産の最大のメリットは、債務者が抱えている全ての債務の支払いが免除される点です。

 

裁判所で借金の支払いが不可能だと認められて免責が許可されると、税金を除く全ての債務を支払う義務がなくなります。

 

もちろん、貸金業者や債権者は給料の差し押さえや取り立てをすることができません。

 

借金が膨れ上がって自力ではどうしようもできない状況に陥り、
債務者が夜逃げや自殺などの最悪な判断をしてしまわないために、自己破産の制度は作られました。

 

借金がゼロになれば今後の生活の再建への道筋を考えることができますので、人生をやり直すことも十分に可能ですよ。

 

一定の財産を手元に残せる

自己破産に対して、次のようなイメージを持っていませんか?

 

  • 全ての財産が失われる
  • 住んでいる家がなくなる
  • 普通の人の生活ができなくなる

 

しかし、自己破産をしても20万円以下の預貯金や99万円以下の現金など、裁判所で定める基準を超えない財産は手元に残せます。

 

例えば、洗濯機や冷蔵庫などの家具まで全て没収すると、
債務者の今後の生活が成り立たなくなりますので、これらは処分の対象外なのです。

 

家族には影響がない

連帯保証人になっていない限りは、自己破産で家族に悪影響が加わることはありません

 

「家族がクレジットカードを作れない」「家族はもう一生ローンを組めない」など、
迷惑がかからないのは自己破産のメリットです。

 

破産法2条11項に記載されている「支払い不能」の状態になった場合に限り、
自己破産が認められて債務の支払いが免除されます。

 

素人では法律関係に疎いので、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。

 

自己破産のデメリット

「借金が全てなくなる自己破産…最高の手続きじゃん!」と思いますよね。

 

しかし、債務の支払いが免除される代わりに様々なデメリットがありますので、事前にきちんと心得ておくべきです。

 

  • 個人信用情報機関のブラックリストに自分の名前が登録されるため、自己破産してから5年間〜10年間はクレジットカードを作成できない
  • 連帯保証人に家族の名前を記載していた場合は、その家族に借金の取り立てがいく
  • 免責許可の決定が確定するまでの間は、「弁護士」「行政書士」「生命保険外交員」「宅地建物取引主任者」「警備員」などの職業に就けない
  • 「99万円を超える現金」「20万円を超える貯金」「不動産」「160万円を超える退職金」「20万円を超える保険の解約返戻金」が没収される

 

クレジットカードやローンを利用できなくなったり、職業や資格に制限がかかったりと自己破産は良い部分だけではありません。

 

消費者金融やクレジット会社への借金が全てなくなる代わりに、今後の生活に制限が出てきます。

 

とは言え、今までの債務が全て免除される自己破産は、今後の生活を立て直す上で最も経済的に有利な債務整理です。

 

自己破産が自分に向いているのかイマイチ良くわからない人は、
専門家の弁護士が在籍している事務所に無料相談をして、今後の方針を一緒に立ててみてください。

 

最後のまとめ

債務整理の中でも、自己破産がどのような手続きなのかおわかり頂けましたでしょうか?

 

連帯保証人になっていない限りは家族に迷惑をかけずに
債務の支払いが全て免除されますし、一定の財産は手元に残すことができます。

 

その代わりに様々なデメリットがありますので、自己破産が自分に向いているのか考えるのが大事です。

 

「本当に自己破産をしても良いの?」「自己破産のメリットとデメリットは何なの?」
と疑問を抱えている方は、一度専門家の弁護士に無料相談をしてみてください。

 

イージス法律事務所

イージス法律事務所

  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし
TOPへ