債務整理なら弁護士

債務整理を依頼する弁護士の選び方※司法書士との違いは?

男性

借金問題を解決するにあたり、法的な手続きの債務整理を行うのは非常に効果的です。

 

債務整理は弁護士に依頼する形になりますが、正しい選び方について把握しておかないといけません。

 

また、弁護士と司法書士の違いについても説明していますので、
債務整理で借金を何とかしようと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

 

債務整理を依頼する弁護士の選び方

債務整理を弁護士に依頼すると、次のようなメリットがあります。

 

  • 借金を減額する交渉力が期待できる
  • 手続きに手間や時間を取られない
  • 貸金業者からの催促がストップする

 

確かに自分で債務整理を行うことはできますが、専門家の弁護士に依頼した方が遥かに効率的です。

 

しかし、弁護士の資格を持っていれば誰でも良いという単純な話ではありません。

 

下記では、債務整理を依頼する弁護士の正しい選び方を説明していますので、
「どのような人に相談すればいいの?」と悩んでいる方はチェックしておきましょう。

 

債務整理が得意

弁護士と一口に言っても、仕事内容は下記のように多岐に渡ります。

 

  • 人と人や法人間での争いが対象の民事事件の解決
  • 警察が介入するような刑法上の犯罪の刑事事件の解決
  • 様々なトラブルに対しての予防やアドバイス

 

弁護士で取り扱っている分野が違いますので、借金で悩んでいる方は債務整理が得意かどうかで比較すべきです。

 

具体的に次の全てに当てはまる弁護士が在籍している法律事務所であれば、安心して債務整理の依頼ができるでしょう。

 

  • 任意整理や自己破産などの債務整理の解決を専門的に取り扱っている
  • 過去に解決してきた債務整理の実績が多い
  • 公式サイトで今までの経歴がきちんと記載されている

 

借金はとてもデリケートな問題ですので、信頼できる弁護士を探す努力をしましょう。

 

ゆうき司法書士事務所は債務整理を専門としており、全国対応で無料診断サービスも行っています。

 

デメリットやリスクを伝えてくれる

債務整理のデメリットやリスクを伝えてくれるかどうかは、弁護士の選び方で押さえておきたいポイントです。

 

債務整理は借金の減額や利息のカットが期待できる代わりに、次のようなデメリットやリスクがあります。

 

  • 任意整理は必ずしも債権者と和解できるとは限らない
  • ブラックリストに載るので、新たな借り入れやクレジットカードの作成ができない
  • 自己破産はマイホームなどの財産や資産を手放す形になる

 

儲けたいがゆえに、メリットだけを伝えて契約させようとする弁護士には要注意です。

 

債務整理のやり方によってメリットとデメリットの両方がありますので、
事前に詳しく説明してくれる親切な弁護士を選びましょう。

 

弁護士との相性が合う

この点に関しては感覚的な部分もありますが、弁護士と相性が合うかどうかは意外と大事です。

 

債務整理の方法によっては長い付き合いになりますので、「自分の性格と合っているか?」
「細かいことでも相談できるか?」といった部分は大切にしないといけません。

 

弁護士との相性はその人の経歴や実績ではわかりませんので、実際に対面で相談して判断しましょう

 

そして、自分の借金の悩みや債務整理を考えていることを正直に伝えてみてください。

 

弁護士と司法書士の違い

債務整理を専門家に依頼するにあたり、弁護士と司法書士の2つの選択肢があります。

 

どちらも法律に関する専門家ですので、自分で債務整理の手続きを行うよりも遥かに安心です。

 

しかし、弁護士と司法書士には違いがありますので、どちらに相談すべきなのか迷っている方は下記を参考にしてください。

 

  • 弁護士は個別の債権額が140万円を超える法律相談や交渉ができるのに対して、司法書士では対応できない
  • 弁護士は140万円を超える過払い金請求ができるが、司法書士は案件を受け持つことができない
  • 弁護士の訴訟代理権は最高裁判所まで及ぶが、司法書士は簡易裁判所のみ

 

債務整理の依頼で発生する費用は事務所で違いがあるものの、弁護士と司法書士ではそこまで大きな差はありません。

 

つまり、同じくらいの着手金や報酬金などの費用を支払うのであれば、
業務の範囲が狭い司法書士よりも範囲が広い弁護士に依頼した方が良いわけです。

 

司法書士は定められた分野のみが業務範囲なのに対して、弁護士は法律に関する全ての業務を行うことができますので、
弁護士が在籍している事務所に債務整理の依頼をしてみてください。

 

最後のまとめ

任意整理にしても自己破産にしても、債務整理を依頼するにあたっては弁護士の選び方が大事です。

 

「債務整理を専門的に取り扱っているのか?」「今までに確かな実績を持っているのか?」
「自分と相性が合うのか?」といった点で比較すれば、弁護士選びで失敗することはありません。

 

債務整理は司法書士に依頼することもできますが、依頼できる範囲を考えると弁護士の方がおすすめですよ。

 

借金問題で苦しいと悩んでいる方は、ゆうき司法書士事務所の弁護士に無料相談をしてみてください。

TOPへ