任意整理の費用

任意整理の費用の相場と少しでも安く抑える方法

男性

自力で借金の返済が難しいと悩んでいる方は、弁護士が在籍している
法律事務所に任意整理を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

任意整理をすると、貸金業者と交渉して借金を減額したり月々の返済額を減らしたりできます

 

こちらでは任意整理の費用の相場と、少しでも費用を抑えるにはどうすればいいのかをまとめました。

 

 

任意整理の費用の相場

任意整理を弁護士に依頼してどのくらい費用が発生するのか、疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

債務整理に踏み切るほど経済的に困難な状況にも関わらず、弁護士に高額な費用を支払わないといけないのは不安ですよね。

 

任意整理の弁護士費用は法律事務所で違いがありますので、大まかな相場を見ていきましょう。

 

着手金

任意整理の手続きを依頼した時に発生する費用のこと。債権者1社当たり2万円〜4万円

 

減額報酬金

結果の成功度合いに応じて支払う費用のこと。利息を止めて浮いた分の10%

 

過払金報酬金

過払い金請求をした時の費用のこと。交渉で返還された場合は回収額の〜20%、訴訟で返還された場合は回収額の〜25%

 

上記の「着手金」「減額報酬金」「過払金報酬金」に加えて、
交通費やコピー代などの実費が発生するケースも少なくありません。

 

あらかじめどのくらいの費用がかかるのか確認しておくといいでしょう。

 

弁護士費用を支払えない場合

任意整理を依頼する際、弁護士費用を支払えない時はどうするのか不安を抱えている方はいませんか?

 

しかし、多くの債務者は借金で首が回らなくなっている状況にも関わらず、弁護士費用をきちんと支払えているのです。

 

その理由は下記の2点になります。

 

  • 着手金や減額報酬金は分割払いに対応してくれる
  • 法律事務所の中には後払いを認めているところがある

 

借金の悩みを抱えている方が一括で弁護士費用を支払えないことは、法律事務所もきちんとわかっています。

 

少しずつ返済するという形に配慮してくれますので、お金がない人でも任意整理を依頼できるわけです。

 

なお、「高額な費用がかかるから・・・」といった理由で自分で任意整理をやろうと考えている方がいます。

 

しかし、「手続きが面倒で時間がかかる」「貸金業者が交渉に応じてくれないことがある」
といったデメリットがありますので、あまりおすすめできません。

 

ゆうき司法書士事務所のような借金の専門家に無料相談して、債務整理を依頼するべきです。

 

任意整理の費用を抑える方法

個人再生や自己破産など他の債務整理と比較してみると、任意整理は安い費用で弁護士に依頼できます

 

それでも、債権者1社当たり2万円〜4万円の着手金が必要ですので、決して安い金額とは言えません。

 

そこで、任意整理の費用を少しでも抑えるために何をすればいいのかまとめてみました。

 

金銭的な負担を抑えて任意整理をしたい方は、参考にしてみてください。

 

弁護士ではなく司法書士に依頼する

弁護士ではなく司法書士に依頼するのは、任意整理の費用を安くする方法の一つです。

 

一般的な司法書士は法律の相談や債権者への交渉や債務整理の手続きはできませんが、認定司法書士には依頼できるのです。

 

弁護士と比較してみると、着手金や成功報酬の費用の相場が安めに設定されているのが特徴です。

 

ただし、弁護士は取り扱える金額の上限がないのに対して、司法書士は貸金業者1社につき
140万円を超える借金額は取り扱えないと、法律で決められていますので気を付けてください。

 

費用の安い法律事務所を探す

任意整理の費用の相場は上記で説明しましたが、それはあくまでも目安で法律事務所で違いがあります。

 

そのため、任意整理の費用を抑えたい方は、少しでも安い法律事務所を探しましょう。

 

弁護士は依頼主と協議して報酬額を自由に決められることが認められていますので、法律事務所で費用が異なるわけです。

 

もちろん、料金の安さだけではなく信頼できる弁護士なのかどうかでも比較しないといけません。

 

民事法律扶助制度を利用する

法テラスの民事法律扶助制度を利用すると、債務整理にかかる費用を一度立て替えてくれます。

 

5,000円〜10,000円の分割払いで立替金を返済していく形になりますので、毎月の返済が楽になるわけです。

 

また、着手金が安くなって最終的な支払い費用が少なくなるメリットもありますので、
法テラスの民事法律扶助制度の利用も検討してみるといいでしょう。

 

最後のまとめ

以上のように、任意整理でどのくらいの費用がかかるのかおわかり頂けましたでしょうか。

 

自分で手続きをするのと違って着手金や減額報酬金、過払金報酬金といった費用が発生しますが、
その代わりに専門家の弁護士に全てを任せられるのがメリットですね。

 

費用の安い法律事務所を探したり民事法律扶助制度を利用すれば、任意整理の費用を少しでも抑えられます。

 

任意整理は借金で苦しんでいる方を救ってくれる手続きですので、
まずはゆうき司法書士事務所の無料診断サービスを利用してみてください。

TOPへ