プロミスは審査が甘い?

プロミスのキャッシングの審査は甘い?審査落ちを防ぐには?

男性

「キャッシングをしたいけどプロミスの審査は甘いの?それとも厳しいの?」と気になりますよね。

 

自分の今の年収や勤続年数で本当にプロミスの審査に通過するのか、不安になると思います。

 

このページでは、プロミスのキャッシングの審査についてまとめてみました。

 

「審査落ちを防いで、絶対にお金を借りたい!」と考えている方も要チェックです。

 

 

プロミスのキャッシングの審査基準

プロミスでキャッシングをするには、審査に通過しないといけません。

 

この点に関しては、プロミスに限らず他の全ての消費者金融でも一緒です。

 

そのため、プロミスの審査が甘いのか厳しいのかというのは事前に知っておきたいですよね。

 

結論から言うと、「プロミスは誰でも審査に通る」と言えるほど甘いものではありません

 

以下では、SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標に記載されているプロミスの過去半年間の成約率をまとめました。

 

  • 2018年8月:46.4%
  • 2018年9月:47.0%
  • 2018年10月:45.9%
  • 2018年11月:43.4%
  • 2018年12月:42.0%
  • 2019年1月:44.4%

 

参考:http://www.smbc-cf.com/management/ir_lib08.html

 

上記の数値は「新規顧客数÷新規申込数」で計算されていますので、審査に通っても成約しなかった人も含まれます。

 

審査落ちで契約できなかった人のデータではありませんが、半数以上の人が利用できなかった計算です。

 

つまり、プロミスの審査を甘く見ていると落ちる可能性もあると心得ておいた方がいいでしょう。

 

プロミスの審査に通る条件

下記に、プロミスの審査に通る条件をまとめました。

 

  1. 満20歳以上69歳以下の年齢の条件を満たしている
  2. 毎月最低でも2,000円の返済ができる安定した収入がある
  3. 他社のキャッシング枠やローンで年収の3分の1以上のお金を借りていない
  4. 過去にプロミスやSMBCコンシューマー・ファイナンスで金融事故を起こしていない
  5. 金融のブラックリストに載っていない

 

まだ借り入れをしたことがない人はもちろん、20歳以上で安定した収入があればプロミスの審査に通りやすいです。

 

「主婦や学生は審査に通らないのでは?」と思うかもしれませんが、毎月少しでも安定した収入があればOKですよ。

 

プロミスの審査は甘くはありませんが、かといって厳しすぎることもありませんので安心してください。

 

プロミスで審査落ちを防ぐ方法

プロミスでキャッシングを利用するために、こちらでは審査落ちを防ぐ方法を紹介します。

 

本人確認書類をしっかりと提出する

プロミスでは、「スコアリング審査」⇒「信用情報の確認」⇒「在籍確認」という流れで審査を行っています。

 

審査基準は明確に公開されていませんがが、本人確認書類をしっかりと提出するのは重要なポイントです。

 

以下では、プロミスの申し込みに必要な書類を挙げてみました。

 

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証+住民票)
  • 収入証明書(最新の源泉徴収票・最新の確定申告書・直近2ヵ月の給与明細書)

 

50万円以上を借りる、他社との利用残高の合計が100万円を超えるケースは、本人確認書類に加えて収入証明書も必要です。

 

これらは審査の信用情報の確認で必須ですので、きちんと提出するようにしてください。

 

利用限度額を低く設定する

年収が低いのにも関わらず、利用限度額を高く設定しすぎると審査落ちの原因になります。

 

これは、「○○万円を貸し付けても返済してくれないのでは?」とプロミス側が考えるからです。

 

プロミスでは10万円〜500万円まで限度額を設定できますが、初回はなるべく低く設定して審査落ちを防ぎましょう

 

最初は限度額が低くても、プロミスで利用実績を積み重ねれば増額することが可能です。

 

他社から借り入れしない

審査落ち対策のために、複数の消費者金融やクレジットカード会社に申し込みをしている方も少なくありません。

 

「どれか1つに通ればいい」という気持ちはわかりますが、
複数サービスへの申し込みは信用照会機関からマイナスの評価を受けやすいです。

 

既に他社から借り入れがある方は、プロミスの審査に落ちやすいということです。

 

色々な場所からお金を借りている人を怪しむのは消費者金融として当然ですので、
プロミスの審査に通りたいのであれば他社から借り入れしないようにしましょう。

 

最後のまとめ

以上、プロミスのキャッシングの審査が甘いのか厳しいのかおわかり頂けましたか?

 

「消費者金融だから審査は甘いのでは?」とイメージしているかもしれませんが、信用情報が足りなくて落ちるケースはあります。

 

プロミスの審査落ちを防ぎたい方は、「書類をきちんと提出する」
「限度額を低くする」「他社から借り入れしない」といった対策を取りましょう。

 

ただ、主婦や学生、フリーターでもプロミスの審査に通っているケースは多いので、
あまり難しく考えすぎず、まずは申し込みをしてみることから始めましょう。

TOPへ