プロミスの審査時間

プロミスの審査時間の目安と結果が遅いときの対処法

男性

早くキャッシングしたい方は、「プロミスの審査時間ってどのくらい?」と気になりますよね。

 

「急な出費があってお金が足りない…」というピンチの時にプロミスは役立ちます。

 

このページでは、プロミスの審査の流れとかかる時間の目安、審査結果が遅い時の対処法についてまとめました。

 

 

プロミスの審査の流れ

数ある消費者金融の中でもプロミスが人気なのは、審査がとても早いからです。

 

迅速に審査をしてくれますので、素早くお金を借りることができますよ

 

プロミスの審査の流れは次の4ステップです。

 

  1. 申し込みページで個人情報の申告と必要書類の提出を行う
  2. 最初に申し込み内容の確認の一次審査(仮審査)が行われる
  3. 信用情報に問題がない場合は二次審査(本審査)に進む
  4. 無事に審査通過すると、審査完了のお知らせが電話やメールで届く

 

審査に通った時点でプロミスとの契約が完了しますので、融資をすぐにスタートできます。

 

満20歳以上69歳以下で安定した収入があれば、まず問題なくプロミスの審査に通るでしょう。

 

プロミスの審査時間の目安

プロミスはメガバンクグループの消費者金融ですので、「審査に長い時間がかかるのでは?」
「審査は慎重に行われるのでは?」とイメージしているかと思います。

 

もちろん審査はしっかりと行っていますが、プロミスの審査スピードはかなり早いです。

 

プロミスの公式サイトには、最短30分程度で正式な審査結果の連絡が入ると記載されています。

 

つまり、申し込みから30分と短い時間ですぐに借りられるわけです。

 

なぜ、プロミスは銀行と比べてそんなに審査時間が短いのか、その理由を下記にまとめました。

 

  1. コンピュータの自動審査によるスコアリングシステムが採用されている
  2. 演算処理能力が高いコンピュータで申込者の審査を行っている
  3. 30分程度と短い時間で審査結果が届く仕組み

 

属性情報や信用情報に一切の問題がなく、自動審査の基準を満たしていれば、あっという間に審査は終わります。

 

また、インターネット上で全ての手続きが完了するのも審査が早い理由です。

 

プロミスの審査に時間がかかるケース

プロミスの口コミの中には、「最短30分で審査が終わると書かれていたのに、2時間かかった」という意見がありました。

 

あくまでも30分というのは最短に事が進んだ場合ですので、審査完了の連絡が入るまでに数時間を費やすこともあります。

 

以下では、プロミスの審査に時間がかかる理由をいくつか挙げてみました。

 

  • プロミスへの申込者が殺到している(混み合っている)
  • 申し込み情報に入力ミスがあった
  • 必要書類のアップロードを正しくできていない
  • 希望限度額を高く設定しすぎて、慎重に審査が進められている
  • 平日の9時〜18時までに申し込みを完了させていない
  • 受信拒否や迷惑メール設定でプロミスからの連絡が届いていない

 

時間帯や繁忙期によってはプロミスの申込者が増えますので、申込者一人に費やす審査時間は長くなります。

 

また、もし申し込み情報に不備があった場合は、審査が遅れる原因になりますので注意しましょう。

 

プロミスの審査結果が遅い時の対処法

すぐに融資を受けたいのにプロミスから中々、審査結果が届かないと「まだかよ〜」とイライラしますよね。

 

あまりにも審査結果が遅い時は、プロミスのフリーコール(0120-24-0365)に電話をかけてみましょう。

 

今のあなたの審査状況を確認することができます。

 

手違いで一次審査が終わっているのに、二次審査に進んでいないケースもありますので、
「審査に落ちたわけではない!」と安心できるでしょう。

 

しかし、プロミス側ではなく申込者側に何かしらの不備があって、審査時間が長くなっていることもあります。

 

中でも、プロミスの審査で一番注意すべきポイントは職場への在籍確認です。

 

職場に電話を受ける人がいないと在籍確認が終わらないため、審査が完了しないのです。

 

最後のまとめ

プロミスではスピーディーに審査が行われますので、審査結果が出るまでの時間は最短30分です。

 

コンピュータによる自動スコアリングシステムが採用されているので、素早く審査が終了して即日キャッシングができる仕組みです。

 

しかし、「申込者が多くて混雑している」「申し込み情報や書類のアップロードに不備がある」
「営業時間外に申し込んでいる」といった理由で、審査結果が届くまでに時間がかかるケースがあります。

 

なので、営業時間内のなるべく早い時間帯に申し込むのが、その日にプロミスから融資を受けるコツです。

TOPへ