プロミスの審査の流れ

プロミスの審査の流れと押さえておきたい注意点

男性

プロミスに申し込んでキャッシングをするには、審査に通らないといけません。

 

この点に関してはプロミスだけなく、他の消費者金融でも一緒ですね。

 

こちらのページでは、プロミスの審査の流れと押さえておきたい注意点についてまとめました。

 

「キャッシングは初めてだから、審査のやり方がわからない…」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

プロミスの審査の流れ

下記では、プロミスの申し込みから審査結果が出るまでの流れをまとめました。

 

「どうやって、プロミスの審査を受ければいいの?」と疑問に感じている方は、チェックしてみてください。

 

申し込む

プロミスの審査を受けるには、最初に申し込みを行わないといけません。

 

申し込みで必要なのは個人情報の申告と必要書類の提出で、代表的なものは下記になります。

 

個人情報の申告

「氏名」「生年月日」「電話番号」「住所」「勤務先情報」「年収」「連絡先」

 

必要書類の提出

「本人確認書類(身分証明書)」「収入証明書類(所得証明書)」

 

申し込み方法に関しては、「Web」「電話」「郵送」「店頭窓口」「自動契約機」と複数から選択できます。

 

どれがいいのか迷ってしまいがちですが、インターネットを使ったWeb完結での申し込みがおすすめです。

 

一次審査と二次審査

申し込み情報をもとにして、一次審査(仮審査)と二次審査(本審査)が行われます。

 

「プロミスは2つも審査があるの?」「本当に審査に通るの?」と不安に思うかもしれませんが、
申し込み条件をクリアしていて必要書類の提出に不備がなければ大丈夫ですよ。

 

以下では、プロミスの一次審査と二次審査の内容をまとめました。

 

一次審査(仮審査)
申告内容の確認 申し込みした際の個人情報が本当に本人なのか確認する(年齢や安定した収入など)
提出書類の確認 必要書類のデータと申込内容に誤りがないか確認する
信用情報の確認 今までのカードローンや住宅ローン、返済実績などの履歴情報を確認する

 

二次審査(本審査)
本人確認の連絡 申し込みをした人が本当に本人なのか電話やメールで連絡が入る
勤務先の在籍確認 記載した職場で本当に働いているのか確認する目的で勤務先に電話がかかってくる
利用限度額の決定 申込者の年収や他社の借り入れ状況を加味して、プロミスの利用限度額が決まる

 

満20歳以上69歳以下で安定した収入があれば、プロミスの審査にはほぼ通ります。

 

ただし、スマホ代金の延滞やブラックリストに載っていると、審査に落ちることがありますので注意しましょう。

 

審査結果の通知

プロミスに申し込んでから審査結果が出るまでの時間は、最短で30分と非常にスピーディーです。

 

即日融資を受けられることから、消費者金融の中でもプロミスは多くの人に選ばれています。

 

二次審査が終わると、合否に関わらずプロミスから電話かメールで審査結果が通知されますので、忘れずに確認しましょう。

 

審査に通れば契約完了で、希望限度額の範囲内で借り入れができます。

 

なお、審査結果メールが確認できない場合は、迷惑メールに分類されていないかチェックしてみてください。

 

プロミスの審査で押さえておきたい注意点

プロミスの審査では、主にコンピュータを使ったスコアリング審査が行われます。

 

審査基準は公表されていませんが、どれだけ年収が高くて属性が良くても、下記に該当する方は一発でアウトです。

 

延滞

公共料金やスマホなど、支払い日から3ヵ月以上延滞した時点で事故情報が残る

 

債務整理

弁護士や司法書士に債務整理を依頼して、受任通知が貸金業者に届いた時点で登録される

 

法的債権回収

貸金業者から債権回収の訴訟や支払催促を申し立てた時点で登録される

 

ブラックリストに載っていると、年収が1,000万円を超えていても審査には通りません。

 

公共料金やスマホの支払いの延滞は意外と見落としやすいので、押さえておきたい注意点ですね。

 

もし審査結果の通知が遅くて、「もしかして、審査に落ちているのでは?」と不安に思う方は、
プロミスコールに電話をかけて審査状況を確認してみるのもいいでしょう。

 

最後のまとめ

以上、プロミスの審査の流れや押さえておきたい注意点についておわかり頂けましたか?

 

消費者金融への申し込みや審査は複雑なイメージがありますが、
プロミスの審査は「申し込み」⇒「一次審査」⇒「二次審査」⇒「審査結果の通知」と流れは簡単です。

 

事故情報の登録がなくて安定した収入があれば、問題なく審査に通って借り入れができるでしょう。

 

審査時間の早さや即日融資がプロミスの魅力的なポイントですので、消費者金融の選び方で迷っている方は申し込んでみてください。

TOPへ