プロミスの学生ローン

プロミスの学生ローンがおすすめの理由※限度額はどのくらい?

男性

近年では消費者金融は私たちの生活で身近な存在となり、今は学生でも気軽に利用できるようになりました。

 

プロミスの学生ローンは、20歳以上でアルバイト等で安定した収入があれば利用できますよ。

 

このページでは、プロミスの学生ローンがおすすめの理由、限度額がどのくらいなのかをまとめました。

 

 

プロミスの学生ローンがおすすめの理由

プロミスには学生ローンという名称の金融商品はありませんが、フリーキャッシングは学生でも利用できます。

 

他の消費者金融とはは違い、プロミスの学生ローンがおすすめの理由をいくつか見ていきましょう。

 

20歳以上であればOK

「学生は消費者金融でお金を借りれないのでは?」とイメージしていませんか?

 

プロミスの学生ローンなら、20歳以上で安定した収入があれば誰でも借入できますよ。

 

高校生や20歳未満の方は申し込みできませんが、20歳以上であればOKですね。

 

プロミスは老舗の消費者金融なので、初めてキャッシングを利用する学生に最適です。

 

親にバレずに借りれる

キャッシングをするにあたり、できれば親にバレずにお金を借りたいですよね。

 

街中の学生ローンの場合、空気を読まないで自宅に電話をかけてくるところも少なくありません。

 

その点、プロミスの学生ローンは親にバレずに借り入れをすることができます。

 

アルバイトをしている場合は職場への在籍確認はありますが、自宅に電話がかかってくることはありません。

 

また、インターネットで申し込みをしてそのまま審査を受けられますので、
親に内緒でキャッシングしたい学生にはプロミスが向いています

 

職場への在籍確認に関しては、「プロミス」「消費者金融」という言葉を使わずに
オペレーターの個人名で連絡してくれますので、バレる心配はまずありません。

 

「○○さんはいらっしゃいますか?」という簡単な確認だけです。

 

30日間無利息サービス

初めて消費者金融を利用する学生にプロミスの学生ローンがおすすめなのは、30日間無利息サービスが実施されているからです。

 

例えば、「今は手持ちがないけど、もう少し経ったらアルバイト代が入る」という時にプロミスが役立ちます。

 

30日間無利息サービスとは、借り入れして30日以内であれば利息がかからないというサービスです。

 

返済方法も、「インターネットバンキング」「プロミスATMや提携ATM」
「コンビニのマルチメディア端末」と複数から選ぶことができます。

 

また、他と比べて金利も低く設定されているのも魅力的なポイントです。

 

プロミスの学生ローンの限度額

プロミスの学生ローンの限度額は、申込者本人の収入で変わります。

 

プロミスに限らず消費者金融では、年収の3分の1までしか借り入れできない総量規制という法律があります。

 

なので、収入が多ければ限度額の上限も増える仕組みです。

 

学生の場合は安定した収入を持つ社会人と比べると、限度額を大幅に上げることはできないでしょう。

 

希望限度額を増やすと審査に通りにくくなりますので、どんなに多くても10万円程度に留めておいた方が良いです。

 

プロミスを利用した学生の口コミ

こちらでは、プロミスからお金を借りた学生の口コミや評判を紹介します。

 

「学生でもお金を借りられた」という口コミがあったので、私もプロミスに申し込んでみました。

 

毎月アルバイトで7万円の収入があったからなのか、問題なく審査に通りました。

 

ネットやATMを使って自由に借り入れができるので便利ですね。

 

スマホの使いすぎで生活費を削っても支払いが厳しかったので、消費者金融のプロミスを利用しました。

 

プロミスを選んだ理由は、CMや街中の看板でよく見かけていたからです。

 

ネットで申し込みをしてから、お金を借りるまでがすごい早かったです。

 

親からの仕送りとアルバイト代だけでは足りない状況に陥ったので、プロミスから借入しました。

 

限度額は10万円でしたが、学生の私には十分すぎる金額でした。

 

最後のまとめ

プロミスのフリーキャッシングが学生ローンとしても利用できる点についておわかり頂けましたか?

 

未成年の方は申し込みできませんが、「20歳以上の学生」「アルバイト等で安定した収入がある」
という2つの条件をクリアしていれば、プロミスで簡単に借り入れができますよ。

 

希望限度額を10万円くらいに設定すれば、審査に落ちる心配はないでしょう。

 

「今月は親の仕送りやアルバイト代だけでは厳しいな…」という方はぜひ、プロミスに申し込んでみてください。

TOPへ