資金調達 方法

事業者の資金調達の方法※どれを選ぶべき?

はじめに

男性

「どのような方法で事業資金を調達すれば良いの?」
「個人事業主でも融資は受けられるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

 

事業者にとって、運転資金や設備資金を確保するのは大事な仕事の一つですよね。

 

このページでは事業者の資金調達の方法を解説していますので、
どれを選べば良いのかわからない人は参考にしてみてください。

 

資金調達できるビジネスローンはこちら

 

 

事業者の資金調達の方法

起業したり事業を継続したりするにあたり、自己資金でまかなうのは最も理想的です。

 

借り入れする場合と違い、自分のお金だとリスクは最小限になります。

 

しかし、自分が持っている資金の量は限られていますので、事業者によっては資金をどこからか調達しないといけません

 

事業者はどうやって資金調達をすれば良いのか、いくつかの方法について見ていきましょう。

 

補助金や助成金を利用する

補助金や助成金など、自治体の制度で資金調達をするのは効果的な方法の一つです。

 

この2つは地方自治体が個人や中小企業経営者の事業を支援する目的で作られた制度で、融資とは違って返済の必要がありません

 

返済義務がないだけではなく、株主への配当も不要ですので、
資金不足で悩む事業者にとってメリットの大きい資金調達法なのです。

 

起業家や事業主が活用できる補助金や助成金は、次の4種類に大きくわけられます。

 

経済産業省(経産省)系

起業促進や地域活性化が目的の補助金で、「地域創造的起業補助金」「事業承継補助金」が代表的

 

厚生労働省系の助成金

キャリアアップや雇用促進が目的の助成金で、起業時に人を雇用する計画がある時に役立つ

 

自治体独自の補助金・助成金

各自治体が地域内の産業振興を目的に補助金や助成金の制度を実施している

 

その他の補助金・助成金

大手の企業や各種の財団が起業家への助成金や補助金の制度を実施していることがある

 

どの補助金や助成金も目的通りに使ったという報告が必要ですので、どれが自分に該当するのか考えてみましょう。

 

金融機関や協同組合から融資を受ける

金融機関や協同組合融資を受けるのは、資金調達の一般的な方法です。

 

融資とは平たく言えばお金を借りることで、金利を含めて返済の義務があります。

 

中小企業や個人事業主など、事業者が融資を受けられる金融機関をいくつか見ていきましょう。

 

日本政策金融公庫

経済発展や国民生活の安定などの政策を実現する目的で作られた特殊法人で、国が普通貸付や新規開業資金の融資を実施している

 

信用保証協会

公的機関が信用保証を行い、金融機関に代わりに支払う代位弁済で信用力の低い中小企業や個人事業主に融資をしている

 

信用金庫

非営利で相互扶助を掲げる金融機関で、大手の銀行と比較してみると個人事業主でも融資を受けやすい

 

信用組合

組合員の経済的地位の向上を図る目的で作られた組合で、信用金庫と似たような融資先だと考えられる

 

ここでの詳しい説明は省きますが、それぞれメリットとデメリットがありますので、
どの金融機関や協同組合が自分に向いているのか比較すべきです。

 

クラウドファンディングを利用する

今までのお金を借りる方法は、企業や銀行を利用するBtoBの取引が一般的でした。

 

しかし、現在ではクラウドファンディングの利用で資金調達をしている事業者がたくさんいます。

 

クラウドファンディングとは簡単に説明すると、不特定多数の個人から小さなお金を集める資金調達の方法です。

 

インターネットやスマートフォンの普及につれて、クラウドファンディングで財源を集める方が増えました。

 

企画によっては高額な資金調達も可能ですが、クラウドファンディングには次のデメリットがあります。

 

  • 実際にやってみないといくらの資金を調達できるのか不明
  • 魅力的なプロジェクトではないと個人から資金を集められない

 

画期的な取り組みや商品開発ほど、資金を集めやすいのが特徴ですね。

 

ビジネスローンを利用する

上記で説明した融資と似ていますが、ビジネスローンは効果的な資金調達方法です。

 

ビジネスローンは通常の融資とは違い、金融機関が金利を高く設定して審査の許容範囲を広げています。

 

つまり、信用力の低い中小企業や個人事業主でも、事業で使う資金を集められる可能性が高いわけです。

 

ビジネスローンには、次の3つのメリットがあります。

 

  • 比較的審査に通りやすい
  • 最短で即日融資を受けられる
  • 限度額の範囲で何度でも借り入れができる

 

ビジネスローンを事業者に提供する金融機関は増えていますので、どれが自分に合っているのか比較してみてください。

 

最後のまとめ

以上のように、事業者が資金調達する方法はたくさんあることがおわかり頂けたのではないでしょうか。

 

自己資金で足りない時に、「補助金や助成金」「金融機関からの融資」
「クラウドファンディング」「ビジネスローン」が大いに役立ちます。

 

もちろん、資金調達の方法でメリットとデメリットが変わりますので、自分に向いているのかきちんと比較しないといけません。

 

「自分は個人事業主だからお金を借りられない・・・」と諦めている方はいますが、
資金調達を支援するところはたくさんありますので安心してください。

 

ビジネクスト

ビジネクスト

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利
TOPへ