資金繰りを改善する方法やコツを教えます

はじめに

男性

資金繰りとは簡単に説明すると、経費の支払いなどができるように
入ってくるお金と出ていくお金をコントロールすることを指します。

 

中小企業の経営者や個人事業主は、資金の流れをしっかりと把握してやりくりしないといけません。

 

会社を安定的に運営するために、資金繰りを改善する方法やコツについて押さえておきましょう。

 

資金繰りに使えるビジネスローンはこちら

 

 

資金繰りを改善する方法

会社を長期的に経営していると、知らず知らずの間に資金繰りが悪化していることがあります。

 

最悪の場合は会社から出ていくお金が増えて回らなくなり、倒産するケースもありますので注意しないといけません。

 

ここでは会社の経営で悩む事業者のために、資金繰りを改善する方法やコツについて詳しく説明していきます。

 

利益を確保して赤字経営から脱却する

資金繰りを改善するにあたり、まずは利益を確保して赤字経営から脱却すべきです。

 

出ていくお金よりも会社に入ってくるお金の方が多くなれば、当然のように黒字経営になりますね。

 

利益を向上させるために、具体的に何をすべきなのか見ていきましょう。

 

  • 売上高を増やす
  • 各種利益率の分析や改善をする
  • 固定費を引き下げる
  • 赤字事業の見直しを行う
  • 組織や人事戦略を見直す

 

利益と資金繰りのプラス分は最終的に一致しますので、利益こそが資金繰り改善の源泉だと心得ておいてください。

 

外注先や仕入れ先への支払いを延ばす

例えば、100万円で仕入れた物が200万円の値段で売れたと仮定します。

 

販売の諸経費で費やしたお金が40万円だった場合は60万円の利益になりますが、
プラスになるのは売上代金が販売先から入金された後です。

 

売上代金が回収されるまでは資金不足になりますので、
外注先や仕入れ先への支払い期間を延ばして資金繰りを改善しましょう。

 

具体的にどのような処置を取れば良いのかいくつか挙げていきます。

 

  • 既存の外注先や仕入れ先には、支払いを延ばす交渉をする
  • 新規の外注先や仕入れ先には、支払いの遅い条件で契約する

 

入金までの期間を早くして出金を遅くすれば、資金のショートを防げるわけです。

 

ただし、こちらのお願いばかりを通すわけにはいきませんので、支払いを延ばしてもらう代わりに
オプションサービスの追加やサービス面での改善などの対価を用意しましょう。

 

売掛金の回収を強化する

会社が現金で販売していない限りは、売掛金に関する悩みが生じます。

 

売掛金とは営業取引から発生する未収入金で、売上全体が増えるのは良いことでも、
売掛金が増えると資金繰りが悪化しやすいのです。

 

売掛金は事業の命運を握る鍵とも言われていますので、下記のように回収を強化して資金繰りの改善を図りましょう。

 

  • 支払いが遅れた相手にはすぐにコンタクトを取って督促する
  • 支払いサイトを現状よりも早く設定する
  • 手形から振り込みに変更する交渉を行う

 

手形での支払いの場合、資金の回収までに180日間程度がかかるケースも少なくありません。

 

そのため、支払いの督促や手形から振り込みへの交渉で、売掛金の回収を図ってみてください。

 

過剰在庫(余剰在庫)を減らす

いかに素晴らしいシステムの導入や手法を採用しても、どうしても不良在庫は生まれるものです。

 

販売や在庫の計画は一度狂うと時間の経過で蓄積されていきますので、
過剰在庫(余剰在庫)を減らして資金繰りを改善しましょう。

 

そもそも、過剰在庫(余剰在庫)が発生する原因がどこにあるのかまとめてみました。

 

  • 在庫の責任者や責任部門が明確ではない
  • 在庫削減のプロジェクトや報告がない
  • 過剰在庫(余剰在庫)の発生自体を把握できていない
  • 販売者都合の仕入れを継続している
  • 在庫管理の精度が低い
  • 欠品を極度に恐れている

 

「欠品は何としてでも避けたい」と考える事業者の気持ちはわかりますが、在庫処分でたたき売りになると
利益率は大幅に下がります
ので、過剰在庫(余剰在庫)を減らす試みは必要ですよ。

 

支払う税金を少なくする

支払う税金を少なくするのは、資金繰りの改善やコツの一つです。

 

全ての法人や個人事業主にとって、税金の支払いは大きな負担なのではないでしょうか。

 

ここでは節税の細かいテクニックの話は省きますが、資金繰りの改善で実行したい点は次の2つです。

 

  • 赤字分の額面を翌年以降の利益と相殺できる欠損金の繰越控除を受けられる青色申告を行う
  • 消費税を免除する(2年前の売上が1,000万円以下は納税が免除される)

 

また、直接的な減税ではなく税金の繰延は逆に資金繰りが悪化しやすいので気を付けてください。

 

最後のまとめ

以上のように、資金繰りを改善する方法やコツについておわかり頂けましたか?

 

少しでも利益を出すのが一番ですが、外注先や仕入れ先への支払いを延ばしたり、
売掛金の回収を強化したりといった試みでお金のコントロールができます。

 

お金のコントロールは、中小企業の経営者や個人事業主にとって絶対に欠かせないスキルです。

 

今は順調でもだんだんと資金繰りが悪化することはありますので、今一度自社の経営方針を見直してみてください。

 

ビジネクスト

ビジネクスト

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利
TOPへ