無担保のビジネスローン

ビジネスローンが無担保で借りられる理由と注意点

男性

「事業資金を調達するには担保が必要」とイメージしていませんか?

 

しかし、中小企業の経営者や個人事業主に向けたビジネスローンの中には、無担保で借りられるものがありますよ。

 

なぜ、ビジネスローンは無担保でお金を借り入れることができるのか、その理由についてまとめました。

 

 

銀行融資における担保の種類

銀行の融資を申し込むにあたり、担保を求められることがあります。

 

そもそも、融資における担保とは一体、何を指しているのか下記にまとめました。

 

  • 債務者が借り入れたお金を返済できないリスクに備えて債権者に提供されるもの
  • 万が一債務者が返済不能になった場合、あらかじめ差し出された担保を処分して債権回収を行う

 

「担保はお金を支払えない時の保険的な役割」と考えると、わかりやすいのではないでしょうか。

 

銀行融資における担保の種類は、下記のようにたくさんあります。

 

不動産担保

土地や建物を担保とする不動産担保は最も一般的で、事業者向けのローンに加えて個人ローンでも幅広く活用されている

 

有価証券担保

有価証券担保差入書を差し出し、「株式」「受取手形」「公債」「社債」を金融機関に預ける

 

動産担保

大手の銀行の中には船舶や自動車、航空機などの動産を担保にして融資を行うところがある

 

指名債権担保

「預金債権」「損害保険金」「売掛金」「記名式信託受益権」などの通常の債権

 

担保なしで融資を受けられないわけではありませんが、審査でプラスのアピールになるのは間違いないですね。

 

ビジネスローンは無担保で借りられるの?

銀行融資とは違い、中小企業や個人事業主に向けたビジネスローンを活用する事業者は増えています。

 

事業資金の調達方法の中でも、ビジネスローンはポピュラーな存在になりました。

 

サービスによって多少の違いはあるものの、ビジネクストを代表するビジネスローンは基本的に無担保で借りることができます。

 

その特徴について、下記でまとめてみました。

 

  • 不動産担保や有価証券担保を差し出すことなく、事業資金の借り入れができる
  • 担保だけではなく保証人も原則的に必要なし
  • 保証会社の利用を求められるケースでも保証料の負担はなし

 

「担保を持っていないけど、事業資金を調達したい」という時に、無担保のビジネスローンが役立ちます。

 

担保を用意せずにお金を借りられる点では、個人で利用する消費者金融のカードローンや銀行カードローンと一緒です。

 

ビジネスローンは審査が比較的甘くて、融資までのスピードも早いといったメリットがありますので、
事業資金の調達方法で悩んでいる事業者の方にはビジネスローンはおすすめです。

 

ビジネスローンが無担保の理由

なぜ、ビジネスローンは無担保で利用できるか疑問に思いませんか?

 

個人でキャッシングするならまだしも、事業資金は金額が大きくなることもありますので、
「担保なしで借りれるなのは怪しい…」と考えるのは当然ですよね。

 

それは銀行融資と比べて、ビジネスローンは金利が高めに設定されているからです。

 

銀行融資とビジネスローンとでは、下記のように金利(年率)に違いがあります。

 

  • ビジネスローンは5%〜15%
  • 銀行融資は1%〜5%

 

ビジネスローンは、「担保がなくても借り入れできる」「第三者に迷惑をかけずに利用できる」
というメリットがある代わりに、銀行融資よりも金利が高めなのです。

 

借り入れの期間が長ければ長いほど、金利の負担は大きくなります。

 

それでも、無担保でスピード融資ができる魅力がありますので、資金繰りで困った時にビジネスローンは役立ちます。

 

無担保のビジネスローンの注意点

無担保のビジネスローンはとても便利ですが、有担保の融資と比べてみると借入限度額が制限されます。

 

お金を貸し付ける側にもリスクがありますので、多額の事業資金を融資できないのは当然です。

 

つまり、全ての事業者に無担保のビジネスローンが向いているわけではありません。

 

もし、多額の事業資金が必要なのであれば、ビジネスローンでも担保をしっかりと提供しましょう。

 

ビジネスローンによって違いがありますが、「不動産担保なしの貸付け上限限度額は1,000万円」
「不動産担保ありだと貸付け上限限度額は5,000万円まで」といったサービスがあります。

 

担保を用意すれば信用力がアップしますので、多額の借り入れも可能になるわけです。

 

資金調達を考えている経営者や個人事業主の方は、どのくらいの資金が必要なのかで担保を用意するのか、
それとも無担保のビジネスローンを利用するのかを決めるといいでしょう。

 

最後のまとめ

銀行融資を受ける場合は、不動産や有価証券、動産などの担保を要求されることがあります。

 

しかし、中小企業や個人事業主に向けたビジネスローンでは、原則的に無担保でOKです。

 

担保や保証人なしでも、ビジネスローンの審査に通れば事業資金を調達できるということです。

 

ビジネスローンは、資金のやりくりで困っている経営者や個人事業主の心強い味方ですので、
無担保なのかどうかで比較して上手く活用してみてください。

 

おすすめの無担保ビジネスローンは、審査に通りやすくて即日融資も可能なビジネクストです。

TOPへ