法人 借入

法人が借入する際のコツ※ビジネスローンは審査に通りやすい

はじめに

男性

「事業資金が足りなくなった」「急な出費が発生して困っている」という法人経営者は少なくありません。

 

会社の資金で捻出できない時は、金融機関から融資を受ける必要があります

 

このページでは、法人が借入する際にどのようなポイントを押さえるべきかをまとめました。

 

 

法人が借入する際のポイント

事業資金を調達するにあたり、金融機関からの借入はオーソドックスな方法です。

 

個人事業主や法人経営者は、資金の調達方法について押さえておいて損はありません。

 

多かれ少なかれ、急に資金が足りなくなる時はやってきます。

 

以下では、法人が借入する際のポイントをまとめました。

 

事業資金の借入先を比較する

法人が融資を受けると言っても、事業資金の借入先はたくさんあります。

 

円滑に資金を回すには、資金調達法の見直しが必須です。

 

まず最初に、借入先別のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

大手銀行(メガバンク)
  • メリット:最もオーソドックスな融資で、安い金利で借入ができる
  • デメリット:創業したばかりや社会的信頼が低い会社は審査に通過できない

 

信用金庫
  • メリット:地域に密着した金融機関で、メガバンクよりも小回りや融通が利く
  • デメリット:信用金庫の担当者は融資に関する詳しい知識を持っていないことがある

 

政策金融公庫
  • メリット:中小企業の経営者に向けて様々な融資を取り扱っている
  • デメリット:銀行と同じように審査基準が比較的厳しい

 

自治体・商工会
  • メリット:借入利息分の補助や信用保証協会の保証料の補助が用意されている
  • デメリット:3社の審査になるので、手続きに長い時間がかかりやすい

 

ビジネスローン
  • メリット:業況の悪い企業でも融資を受けることができる
  • デメリット:銀行よりも遥かに高い金利設定になっている

 

法人経営者によって、どの借入先が向いているのかはそれぞれ異なります。

 

例えば、創業したばかりで実績のない会社は審査に通りやすいビジネクストのようなビジネスローンを選ぶべきですし、
金利の低さを一番に考えるのであれば大手銀行から借入するのがいいでしょう。

 

審査に通らないと借入できない

これは当たり前の話ですが、審査に通らないと金融機関から借入はできません。

 

借入の成否を占うにあたり、審査は最も重要なプロセスになります。

 

業歴の短い会社や信頼性の低い法人の場合、事業資金を借りたいと思っていても融資を断られることがあります。

 

金融機関によって違いはありますが、審査の際に重視される項目は大きくわけると次の2つです。

 

格付け

借入を望む法人や個人事業主に対して、内情ごとに「正常先」「要注意先」
「要管理先」「破綻懸念先」「実質破綻先」「破綻先」と格付けしている

 

ノンバンクの使用の有無

銀行から借入する場合は、ビジネスローンや消費者金融カードローンを使用しているのかどうかが審査に影響する

 

「この会社はお金を貸しても返済してくれそうにないな」と判断されると、審査に落ちてしまいます。

 

そこで、審査に通るために押さえておきたいポイントを下記にまとめました。

 

  • 新しい商品開発費用なのか設備投資なのか、借り入れた資金の使途を明確に説明する
  • 借り入れた資金を返済する資金源はどうするのか返済原資を理解してもらう
  • 借入した資金を万が一返済できなかった時の担保を用意する
  • 事業計画書や収支明細書を念入りに作成する

 

どれか一つでも欠けていると審査に通らない確率が高くなりますので、融資を受ける際は事前準備を怠ってはいけません。

 

赤字や債務超過だと融資は難しい

借入するにあたって、「○○だと絶対に審査に通らない」といった基準はありません。

 

それはどの金融機関でも、審査基準を明確に公開していないからです。

 

しかし、赤字や債務超過の法人だと審査を通過するのは難しいと心得ておきましょう。

 

特に銀行においては、毎年取引先の業況の審査を実施しています。

 

その審査の結果で取引先ごとの格付けランクが決まる仕組みですので、
「実質破綻先」「破綻先」と判別された会社は融資が打ち切られるわけです。

 

とは言え、赤字決算が続いている法人でも、ビジネスローンのビジネクストであれば審査に通る可能性が高いです。

 

ビジネスローンは銀行よりも審査基準が緩いのが大きなメリットですので、融資先として検討してみてください。

 

最後のまとめ

法人の借入先は選択肢が豊富だということをおわかり頂けましたでしょうか。

 

「融資は銀行から受けるのが基本でしょ?」と思うかもしれませんが、
信用金庫や政策金融公庫、自治体やビジネスローンからも借りることができます。

 

借入先別でメリットとデメリットが異なりますので、どの金融機関が自社に合っているのか比較してみましょう。

 

おすすめは来店不要で審査に通りやすく、即日融資OKのビジネクストです。

TOPへ