審査の甘いビジネスローン

審査の甘いビジネスローンの特徴と審査時のポイント

男性

「ビジネスローンで資金調達したいけれど、中々審査に通らない・・・」と悩んでいませんか?

 

銀行の融資と比べるとビジネスローンは審査に通りやすいのですが、
会社の業歴や業績によっては融資を断られることがあります。

 

こちらではビジネクストのような審査の甘いビジネスローンの特徴や、
審査を受ける上で押さえておきたいポイントをまとめました。

 

 

ビジネスローンで審査が行われる理由

ビジネスローンで審査が行われるのは、「この会社にお金を貸して大丈夫なのか?」
「本当に返済してくれるのか?」といった点を判断するのが目的です。

 

赤字の企業や倒産間もない企業になりふり構わず融資をすると、貸し倒れ損失が膨れ上がって収益が落ちるリスクがあります。

 

ビジネスローンにしても銀行にしても、貸し出したお金を回収できなければ損失に繋がる点では一緒です。

 

この貸し倒れ率や貸し倒れ損失を少しでも抑えるために、融資の前にしっかりと審査を行うのです。

 

審査の甘いビジネスローンの特徴

事業資金を調達するにあたり、ビジネスローンの審査基準は最初にチェックしておかないといけません。

 

ビジネスローンは銀行と比べて審査基準が緩いものの、中には審査に落ちてしまう中小企業や個人事業主の方もいます。

 

事業資金が足りなくなり、融資を受けられない状況は何としてでも避けたいですよね。

 

以下では、審査の甘いビジネスローンに共通する特徴をまとめましたので、申し込み先の参考にしてください。

 

大手事業者金融や中小事業者金融のビジネスローン

審査基準で比べてみると、大手事業者金融や中小事業者金融のビジネスローンは比較的審査が甘いのが特徴です。

 

同じビジネスローンでも、下記のように金融機関のジャンル別で審査基準は変わります。

 

大手都市銀行ビジネスローン

融資方針を中小企業や零細企業に広げて収益を増やす目的で開発された金融商品だが、
貸し倒れが多く発生した原因でビジネスローンに力を入れるメガバンクは少ない

 

地方銀行ビジネスローン

地方銀行からもビジネスローンは提供されているが、あくまでも保証協会の保証付き融資で、審査の基準はかなり厳しい

 

ネット銀行ビジネスローン

事業者向けの融資の経験値が少ないため、探り探りの審査になってやや厳しめの傾向がある

 

信用金庫ビジネスローン

民間の保証会社を入れて提供するビジネスローンで、審査のハードルはやや低くなっている

 

クラウドファンディング会社ビジネスローン

個人の投資家から少額の投資を受けるビジネスモデルで、審査のハードルは至って普通

 

大手事業者金融ビジネスローン

比較的審査は甘いが、膨大な融資データから算出した審査基準をベースに判断するため、
一定基準をクリアした中小企業や個人事業主にしか融資しない

 

中小事業者金融ビジネスローン

何十年間も事業歴を持つ老舗の会社が多く、借りる企業側の経営状況を汲んだ柔軟な審査をしてくれるのがメリット

 

「ブランド力があって、信頼性の高い銀行のビジネスローンを利用したい」と思うかもしれませんが、
大手事業者金融や中小事業者金融のビジネスローンの方が遥かに審査基準は甘いです。

 

上限金利が高いビジネスローン

金融業界では、「金利が高いと審査が甘い」「金利が低いと審査が厳しい」という図式が成り立っています。

 

この点に関しては、中小企業や零細企業、個人事業主向けのビジネスローンでも一緒ですね。

 

審査の通りやすさで比較するのであれば、必ずしも低金利のビジネスローンが良いとは言えません。

 

上記で説明した大手事業者金融や中小事業者金融のビジネスローンは上限金利が高いため、審査基準が甘くなっています。

 

ビジネスローンの審査を受ける上でのポイント

他と比べて審査が甘いとされるビジネスローンでも、100%確実に融資を受けられるわけではありません。

 

以下では、ビジネスローンの審査を受ける上で押さえておきたいポイントをまとめました。

 

  • 金利や上限額だけではなく、ビジネスローンごとに違う業歴の部分を確認する
  • 正しい方法で事業計画と資金計画を準備して業者にアピールする
  • 最初は少額の融資を希望する(限度額いっぱいを希望しない)
  • 長期利益計画や短期利益計画をきっちりと計算する

 

中でも、事業計画書の出来栄えはビジネスローンの融資の可否を左右します

 

業者に提出する事業計画書は、「会社の理念と自社の強みをアピールする」「略歴や事業内容の詳細を書く」
「数字を間違えずに資金計画と返済計画を立てる」といった点に気を付けて作成しましょう。

 

最後のまとめ

以上、審査の甘いビジネスローンの基準についておわかり頂けたでしょうか。

 

ビジネスローンに申し込んで事業資金を調達したい事業者は、「大手事業者金融や中小事業者金融のビジネスローンを選ぶ」
「上限金利が高いビジネスローンを選ぶ」といった点を心得ておきましょう。

 

金利の低い銀行系のビジネスローンと比べてみると、遥かに審査に通りやすくなります。

 

もちろん、ビジネクストのような審査の甘いビジネスローンに申し込む場合も、
「この会社にはお金を貸して大丈夫」と思わせる努力をしてください。

TOPへ