事業資金を調達するおすすめの方法

はじめに

男性

中小企業の経営者や個人事業主で、「事業資金が足りない」
「事業資金がショートしそう」
と悩んでいる方はいませんか?

 

自己資金だけでまかなうのがベストですが、事業の経営では思わぬ出費が出るシーンも多々ありますよね。

 

ここでは事業資金を調達するおすすめの方法を紹介していますので、
どれが自分に適しているのか比較してみてください。

 

おすすめのビジネスローンはこちら

 

 

事業資金の調達方法の種類

事業者ローンやビジネスローンは、個人のキャッシングとは違って事業を営むほとんどの方が対象になります。

 

資金繰りで悩む中小企業の経営者や個人事業主にとって、非常に心強い存在です。

 

事前の審査に通過すれば、限度額を上限にして融資を受けられます。

 

しかし、事業資金を調達する方法はたくさんありますので、
選び方で迷っている事業者は多いのではないでしょうか。

 

このページでは事業資金を調達するおすすめの方法をいくつか挙げてみました。

 

日本政策金融公庫

事業資金と一口に言っても、「起業資金」「設備資金」「運転資金」の3つにわけられます。

 

起業資金を調達するにあたり、事業の実績がないので調達先が限られる点に注意しないといけません。

 

起業資金を調達したい事業者は、全額政府出資の銀行の日本政策金融公庫を利用しましょう。

 

なぜ日本政策金融公庫で事業資金を調達するのが良いのか、おすすめポイントをまとめてみました。

 

  • 小口融資や創業支援を経営目標として与えられているため、融資に積極的な姿勢を見せてくれる
  • 株主である政府から与えられた使命なので、創業者の声にも耳を傾けてくれる
  • 無担保で無保証人でも最大3,000万円まで融資してくれる新創業融資制度がある

 

仮にビジネスで失敗して会社が倒産しても、社長には新創業融資制度の借金を返す義務がありません。

 

事業資金を調達したい事業者にとってはありがたい話ですが、日本政策金融公庫の審査の難易度は高いと心得ておいてください。

 

銀行のプロパー融資

設備資金や運転資金を調達したい事業者には、銀行のプロパー融資がおすすめです。

 

独立や開業したての会社はプロパー融資が難しく、
「返ってくる可能性が低い」と判断されるのが大きな理由になっています。

 

一方である程度事業を運営している企業であれば、銀行のプロパー融資で事業資金の調達ができる可能性は高いですよ。

 

以下では、銀行のプロパー融資で資金調達をするメリットとデメリットを説明していきます。

 

プロパー融資のメリット

金利が低く、一度審査に通れば信用力が格段に上がる

 

プロパー融資のデメリット

担保や保証人の縛りでお金を返済できない時は個人に迫られる

 

通常の資金調達における方法で銀行のプロパー融資はメジャーですが、向き不向きがある点は気を付けましょう。

 

ファクタリング

ファクタリングは、事業者が事業資金を調達する方法の一つです。

 

お金を借りることと似ていますが、ファクタリングではローンや貸金ではなく売掛金の売買になります。

 

企業が保有している売掛金を買い取り、現金化できる方法だとイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

 

ファクタリングで事業資金を調達するメリットは次の3つです。

 

  • 最短で1日で現金振り込みをしてくれるため、資金の調達スピードが非常に早い
  • 売掛金の存在証明や売掛先企業の安定性を説明すれば、返済や未払いの融通が利く
  • 万が一売掛先が未払いや破綻を起こしても責任を負わずに済む

 

ファクタリングは資金繰りで悩む事業者の心強い味方ですが、銀行金利よりも高い手数料が発生します。

 

なお、ファクタリング業者で評価が高いのが資金調達プロです。

 

ビジネスローン

消費者金融やビジネス専業の金融業者から提供されているビジネスローンは、
中小企業の経営者にも個人事業主にもおすすめの資金調達法です。

 

事業性の無担保ローンの総称がビジネスローンで、
プロパー融資では審査に通せない中小企業や零細企業、個人事業主に向いています

 

ビジネスローンで事業資金を調達するにあたり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

  • 担保や保証人がなくても融資を受けられる
  • 最短で申し込んだその日に融資が受けられる
  • 事業性資金であれば使途は自由
  • 審査のハードルが低く設定されている

 

運営間もない企業でも借り入れできる確率が高いのですが、その代わりに金利が高いのがビジネスローンのデメリットですね。

 

ビジネスローンと一口に言っても様々なサービスがありますので、
どれを利用して事業資金を調達するのが良いのか考えてみてください。

 

最後のまとめ

事業資金を調達するにあたり、様々な方法があることがおわかり頂けたのではないでしょうか。

 

「日本政策金融公庫」「銀行のプロパー融資」「ファクタリング」「ビジネスローン」は
代表的な資金調達法ですが、事業者によって向き不向きが変わります。

 

金利の安さを重視しているのであれば、日本政策金融公庫や銀行のプロパー融資、
事業の実績のない会社が起業資金を借りたいのであればビジネスローンがおすすめです。

 

どの資金調達法にもメリットとデメリットがありますので、申し込む前にしっかりと比較してみてください。

 

ビジネクスト

ビジネクスト

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利
TOPへ