事業者ローン 審査

事業者ローンの審査を通過する方法

はじめに

男性

事業者ローンとは個人でのキャッシングとは違い、
中小企業の経営者や個人事業主が事業資金を調達するための金融商品です。

 

資金のやりくりで困った時に事業者ローンは役立ちますが、
審査に通らなければお金を借り入れることはできません。

 

ここでは事業者ローンの審査を通過するにあたり、どのようなコツやポイントを押さえておけば良いのか説明していきます。

 

おすすめの事業者ローンはこちら

 

 

事業者ローンの審査を通過するコツ

事業者ローンはビジネスローンと呼ばれることも多く、中小企業の経営者や個人事業主のために作られた金融商品です。

 

「資金が足りなくなった」「何とかして資金を捻出したい」と考える事業者の心強い味方になります。

 

事業者ローンを利用するにあたり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

  • 不動産などの担保や連帯保証人が不要
  • 総量規制の対象外で年収の3分1の以上の資金も借入できる
  • 審査のスピードが早く、即日融資も十分に可能
  • カードローン仕様の商品は利便性が高い

 

事業者の代表的な資金調達法ですが、審査に通らないと事業者ローンの利用はできません。

 

「本当にお金を借りられるの?」と迷っている事業者のために、
事業者ローンの審査を通過する上で押さえておきたいポイントをまとめてみました。

 

ノンバンク系の事業者ローンを選ぶ

事業者ローン(ビジネスローン)と一口に言っても、ノンバンク系と銀行の2種類に大きくわけられます。

 

要望によって選ぶべきサービスは違いますので、ノンバンク系と銀行の事業者ローンの違いを要チェックです。

 

ノンバンク系の事業者ローン
  • 金利:高い
  • 融資限度額:小さい
  • 融資までの早さ:早い
  • 最長借入期間:短い
  • 審査基準:甘い

 

銀行の事業者ローン
  • 金利:低い
  • 融資限度額:大きい
  • 融資までの早さ:遅い
  • 最長借入期間:長い
  • 審査基準:厳しい

 

ノンバンク系の事業者ローンは金利が高い代わりに、審査に通りやすい傾向がありますね。

 

銀行よりも遥かに通過しやすいため、事業資金を確実に調達したいのであればノンバンク系の事業者ローンを選びましょう

 

事業計画書を念入りに作成する

事業者ローンの審査を通過しやすくするには、事業計画書を念入りに作成すべきです。

 

金融機関がお金を貸してくれるのかどうかは、事業計画や資金計画で決まると言っても過言ではありません。

 

事業計画書や収支明細書は、事業のための資金であると証明して、
どのように売り上げを出していくのか示す重要な書類です。

 

以下では、事業者ローンの審査で提出する事業計画書の作成のコツをいくつか挙げていきます。

 

  • 自社の理念や強みを積極的にアピールする
  • 事業内容に加えて、市場やターゲットを詳しく説明する
  • 主な仕入れ先と販売先に関する説明をする
  • 長期利益計画や短期利益計画をきっちりと計算する

 

100点の出来栄えの事業計画書を作成すれば、事業者ローンの審査に通る確率は大幅にアップするでしょう。

 

もちろん、誤字脱字は信頼性を失いますので、複数人で確認やチェックをしてケアレスミスを防ぐのがポイントです。

 

借入の希望額を少額に設定する

事業資金は会社を運営していく上で欠かせませんので、「少しでも多く借り入れたい」と考える事業者はたくさんいます。

 

しかし、審査の通過率を上げるには、借入の希望額を少額に設定すべきです。

 

事業者ローンでは、過去の融資データをもとにして審査するスコアリングシステムが採用されています。

 

融資額が30万円〜1,000万円の事業者ローンの利用で、借入希望額に応じて何が変わるのかまとめてみました。

 

  • 100万円の希望額で申し込むと、過去の100万円で融資した企業のデータで貸し倒れ率を計算する
  • 1,000万円の希望額で申し込むと、過去の1,000万円で融資した企業のデータで貸し倒れ率を計算する

 

つまり、希望額が低ければ低いほど、スコアリング審査に通りやすくなります。

 

初めての事業者ローンでいきなり1,000万円を貸してくれる金融機関はありませんので、
実績を作ってから増額希望を出すのがコツです。

 

保証人を付ける

1,000万円以下の少額融資の事業者ローンは、基本的に担保や保証人は必要ありません。

 

しかし、「本当に審査に通過して融資を受けられるのかわからない」と悩む
中小企業の経営者や個人事業主は、保証人を付けて申し込みましょう。

 

貸し倒れが無いように保証人を立てるだけで、事業者ローンの審査に通りやすくなります。

 

これは貸す側の金融機関が安心するのが一番の理由ですね。

 

最後のまとめ

以上のように、事業者ローン(ビジネスローン)の利用で審査が行われる理由と、
審査を通過する上で押さえておきたいコツについて説明しました。

 

事業資金を調達したい事業者にビジネスローンがぴったりなのは、銀行融資よりも審査に通りやすいからです。

 

それでも、100%確実に融資を受けられるわけではありませんので、「ノンバンク系の事業者ローンを選ぶ」
「事業計画書を念入りに作成する」「少額の融資を希望する」といった点を心得ておいてください。

 

ビジネクスト

ビジネクスト

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利
TOPへ