つなぎ資金 融資

つなぎ資金の融資を受ける方法とメリット

はじめに

男性

法人の事業資金を一時的に用意したい時は、つなぎ資金やつなぎ融資と呼ばれます。

 

その名の通り一時的に事業資金をつなぐ目的で、長期的な借り入れや融資とは違うのが特徴ですね。

 

「つなぎ資金をどうにか捻出したい」と考えている事業者のために、
このページではどうやって融資を受ければ良いのかまとめてみました。

 

 

つなぎ資金の融資を受けるメリット

つなぎ資金は事業を経営する事業者だけではなく、個人での利用にも当てはまります。

 

例えば、住宅ローンを使って住宅を購入する場合は、住宅が完成するまではつなぎ融資を利用し、
建物の引き渡し後に住宅ローンでつなぎ融資を完済して、新たな返済がスタートする仕組みです。

 

中小企業などの法人がつなぎ融資を利用する際も、同じように一時的に事業資金をつなぐ目的で使われています。

 

金融機関からつなぎ資金の融資を受けるにあたり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

  • 保証人や担保の用意が不要で、申し込みのハードルや融資までのスピードが早い
  • 滞りなく支払いを行うことで、事業を立て直すことができる
  • 資金繰りの改善で銀行や金融機関との関係を改善できる

 

企業間のビジネスでは入金日と支払日のズレが生じるケースが多く、短期間のうちに資金が不足することはあります。

 

その状態を改善して、事業の立て直しを行う制度がつなぎ資金の融資です。

 

つなぎ資金の融資を受ける方法

つなぎ資金の融資は、全ての金融機関で取り扱っているわけではありません。

 

そこで、以下では中小企業がつなぎ資金の融資を受ける方法をいくつか紹介していきます。

 

ビジネスローン

つなぎ資金の融資を受けたい事業者には、ビジネスローンの利用がおすすめです。

 

ビジネスローンは銀行融資に通らない中小企業や零細企業、個人事業主のために作られました。

 

ビジネスローンは事業者ローンと呼ばれることもありますが、基本的な内容に関しては一緒ですね。

 

他の融資と違い、ビジネスローンが事業資金のつなぎ融資に向いている理由を見ていきましょう。

 

  • 銀行融資よりも審査が甘く、融資を受けられる可能性が高い
  • スピーディーな手続きが可能で、即日融資に対応しているところもある
  • 使用用途を明確にしなくても良いので、つなぎ資金が目的でも問題ない

 

審査の通りやすさや使用用途の柔軟性で、ビジネスローンは事業者の心強い味方です。

 

今すぐにつなぎ資金を用意したいケースは事業の運営で多々ありますので、
自社に向いているビジネスローンを比較して選んでみてください。

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は国が100%出資する金融機関で、つなぎ資金の融資制度も実施されています。

 

もちろん、長期的な借入の設備資金や運転資金の融資も日本政策金融公庫はOKですよ。

 

日本政策金融公庫でつなぎ資金の融資を受けるにあたり、次の3つのメリットがあります。

 

  • 銀行融資を断られた起業間もない方や起業前の経営者でも申し込みができる
  • ノンバンク系のビジネスローンよりも低金利での貸し付けが行われている
  • 高額の融資にも対応している

 

ノンバンク系のビジネスローンよりも審査は厳しめですが、日本政策金融公庫の融資制度も活用してみてはいかがでしょうか。

 

不動産担保融資

つなぎ資金の融資の審査に通りたい事業者には、不動産担保融資がおすすめです。

 

不動産担保融資では、土地や建物などの不動産を担保にしてつなぎ資金の借入ができます。

 

万が一返済できなかった時でも金融機関側は貸し倒れのリスクを回避できますので、
大口の資金調達も決して不可能ではありません。

 

利用する事業者側も低金利で借入できるため、不動産担保融資は双方にメリットのある方法です。

 

ただし、大口のつなぎ資金の融資を受ける場合は、不動産担保融資でも相応の手数料が発生すると心得ておきましょう。

 

ファクタリング

設備資金やつなぎ資金の融資において、ファクタリングは一般的な方法になりつつあります。

 

ファクタリングとは、売上金の帳簿上の未集金である売掛金を現金化してくれる便利なサービスです。

 

手形割引と似ていますが、ファクタリングには次の特徴があります。

 

  • 手形割引は手形を担保にして事業資金を融資してもらう
  • ファクタリングは売掛金を業者に買い取ってもらって現金化する

 

つなぎ資金の融資でもファクタリングの利用が可能で、「比較的簡単に資金の調達ができる」
「担保不要でキャッシュフローを正常化できる」「金融機関の信用度がアップする」という3つがメリットですね。

 

ファクタリングのおすすめ業者は資金調達プロになります。

 

最後のまとめ

つなぎ資金を金融機関から融資してもらうにあたり、様々な方法があるとおわかり頂けたのではないでしょうか。

 

一般的にはビジネスローンや日本政策金融公庫、不動産担保融資やファクタリングから選ぶ形になります。

 

事業で使うつなぎ資金を借りる点では一緒でも、融資の方法によって
メリットとデメリットがある点には注意しないといけません。

 

複数の方法から比較検討し、ご自身に合う方法でつなぎ資金の融資を受けて事業を継続する努力をしてみてください。

 

ビジネクスト

ビジネクスト

  • 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  • 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  • 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利
TOPへ